生姜

生姜は育毛促進にオススメの食材です。

生姜が育毛促進にオススメ出来る理由は、“ジンゲロール”“ショウガオール”という成分が含まれているからです。

なぜこれらの成分が育毛促進にオススメなのか?

生姜の薄毛・抜け毛対策効果について解説します!

生姜の育毛効果とは?ジンゲロールを解説

加熱されていない生姜に含有されている“ジンゲロール”には、

血管を拡張させる作用や抗酸化作用があります。

 

頭皮には毛細血管が集まっており、

血管が拡張して血行が良くなることで栄養素が頭皮や髪に行き渡ります。

血行が良くなると髪の健やかな成長につながり、薄毛・抜け毛対策になります。

 

ジンゲロールには抗酸化作用もあるため、ストレスによる抜け毛の抑制にもつながります。

ストレスが蓄積すると活性酸素が増えて抜け毛が酷くなる場合があります。

抗酸化作用により活性酸素の働きを抑えて、抜け毛を防ぐことができます。

 

ただしジンゲロールは体の温度を一時的に上げますが、

その後、冷たい外気で血液が冷やされると冷えた血液が体内を巡るので、

結果的に体を冷やす成分だと考えられています。

冷え性に悩んでいる方には、加熱していない生姜はオススメできません。

ジンゲロールが変化すると…ショウガオールについて解説!

生姜に含有されているジンゲロールは、100度以下で加熱すると“ショウガオール”という物質に変化します。

ショウガオールは血行を良くして体を温める作用があるので、

加熱調理した生姜を食べると体の深部からポカポカに温まります。

 

ジンゲロールも血行を良くして体表面の温度を上げますが、体の深部の熱を奪うので結果的に体を冷やします。

ショウガオールは胃腸を刺激して体を深部から温めます。

 

血行が良い状態が長続きすると髪と頭皮に十分な栄養が行き渡り、抜け毛を予防して育毛が促進されます。

冷え性になりやすい女性の薄毛改善にオススメです。

調理法は生と加熱どちらがオススメ?相性の良い食べ物は?

薄毛対策として生姜を摂取する場合は、生で食べるよりも加熱調理をすることがオススメです。

生のままだと体を冷やすジンゲロールの摂取になりますが、

加熱調理をすると体を温めるショウガオールを摂取できます。

ショウガオールで体を深部から温めて、血行が良い状態を長続きさせましょう。

 

生姜と相性の良い食べ物は魚であり、刺し身や煮魚などの魚料理との相性が抜群です。

薄毛対策としては刺し身よりも煮魚の方が良く、火を通すことでショウガオールを摂取することができます。

 

お米との相性も良く、お米を炊く時に刻んだ生姜を炊飯器に入れるだけで簡単に調理できます。

そのままだと味気ないので、日本酒とだしの素、醤油と塩で味付けすると美味しく召し上がれます。

まとめ

血行を良くする生姜は、体を温める食べ物の代表例ですよね。

薄毛・抜け毛予防のために、体を温めて血行を良くすることは大切な要素です。

しかし食べ方次第では、生姜も体を冷やす食べ物になります。

加熱した生姜を食べて、深部から体を温めましょう。