カフェイン

かつては、刺激物は頭髪に悪影響を及ぼすというのが世間的には通説でした。

カフェインも刺激物であることから、コーヒーも頭髪によくないと思われていました。

 

ところが、近年、健康医学が目覚ましく発展することによって、

意外な事実が判明し始めました。

 

それは、カフェインに発毛効果があるのでは?というものです。

カフェインに発毛効果があるという研究結果がある一方で、さらに多方面からの研究が進んだ結果、さらに驚くべき仮説が浮上します。

なんと、カフェインには発毛を抑制する効果もあるらしいのです。

これは一体どういうことなのでしょうか?

以下で具体的に述べていきます。

カフェインの育毛促進効果

カフェインには、毛包の成長促進効果があると分かりました。

さらにテストステロンの、毛包に対する悪影響を抑制する効果も見られました。

 

ただし、十分な効果を発揮させようと思えば、

1日に数十杯もコーヒーを飲む必要があります。

 

コーヒーを飲んだだけで、髪の毛が一気に育つことはないでしょう。

カフェインの発毛抑制効果

アデノシンという物質は発毛促進因子FGF-7を活性化させます。

このアデノシンという物質は、もともとヒトの神経系に多く存在する核酸の一種です。

 

カフェインはアデノシンの働きを抑制します。

このことから、カフェインには発毛を抑制する作用があると考えられます。

 

そもそもアデノシンには神経の鎮静作用があり、

覚醒作用があるカフェインとの相性は悪いです。

 

とはいえ、コーヒーで抜け毛が一気に進行するという話は聞いたことがありません。

コーヒー大好きな人が、無理に我慢するほうが頭皮に悪いと思います。

まとめ

コーヒーを飲んでも、

薄毛の抑制や促進にそこまで影響を与えません。

 

 

もちろん飲み過ぎはいけません。

けれども、止める必要もないと思いますよ。