ビール

仕事後のビールは、1日の疲れを癒してくれる素敵なひとときですよね。

筆者もビールが大好きで毎日楽しんでいるのですが、

ビールが抜け毛の原因につながるという噂を耳にするんですね。

 

飲みすぎなければ問題なさそうですが、実際はどうなのでしょうか?

ここではその詳細や、お酒と抜け毛の関係を徹底的に解説していきます!

糖質摂取による皮脂の分泌

ビールには大量の糖質が含まれていることはご存知かと思います。

この糖質を摂取することで、皮脂分泌が盛んになることも有名な話ですよね。

 

皮脂の分泌量が増加すると毛穴が詰まる原因につながる可能性もあるし、

皮脂が酸化することによって頭皮がダメージを受けるので、

抜け毛の原因になると考えられているんですね。

ビールのおつまみ

塩気の強いものや脂っこいものがビールに一番合うと感じている方がほとんどかと思います。

塩気の強いものの過剰摂取は高血圧を引き起こす原因になりますし、

脂っこいおつまみは、皮脂の分泌量の増加させる原因となります。

 

いずれも薄毛・抜け毛に繋がる可能性があります。

髪の育毛に良いと断言することはできないでしょう。

ビタミンやアミノ酸が奪われる

育毛のためにはアミノ酸やビタミンが必要不可欠です。

しかし、これらの栄養素は、アルコール代謝をさせるためにも使用されています。

 

あれ?アルコールを分解するのは肝臓じゃないの?と疑問を抱く方も多いかと思いますが、

肝臓でアルコールを分解する場合、とても多くのエネルギーを消費してしまいます。

 

アミノ酸やビタミンも例外ではなく、アルコール分解に使われます。

その結果、髪に十分な栄養がいかなくなる可能性も考えられるんです。

栄養が髪に届かないと、薄毛・抜け毛の進行が早くなります。

薄毛につながるDHTをつくる

アルコールを摂取すると、肝臓内で一度アセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドは更に酢酸に分解されるのですが、

多量のアルコールを摂取すると、酢酸まで分解しきれず体内を巡ってしまいます。

 

酢酸に分解される前のアセトアルデヒドは非常に毒性の高い成分で、

健康にももちろん害を与えますし、健康的な髪の促進も妨害します。

 

薄毛(AGA)の主な原因としては、

“DHT”と呼ばれる悪玉男性ホルモンが影響していると特定されています。

体内のアセトアルデヒドは薄毛の敵である、DHTを増加させる原因となるのです。

 

また、お酒の強い弱いは、アセトアルデヒドを分解させる能力の違いが大きな割合を占めます。

アセトアルデヒドを分解する能力は、遺伝的要因によって決まり、

お酒が飲めない人、弱い人、強い人の3つに分類されます。

 

お酒が飲めない人や弱い人の場合は、そもそもお酒を飲む習慣がないかもしれませんが、

これらのタイプは、アセトアルデヒドの悪影響を強く受ける特徴があります。

十分注意してください。

まとめ

ビールなどのお酒は適量であれば、血行を促進するなど身体にとって嬉しい影響を与えてくれます。

ただし、肝臓で処理しきれないくらいの多量のアルコールを摂取すると、

身体に悪影響が生じてしまい、薄毛の原因となります。

 

度がすぎるアルコール摂取は髪だけでなく身体にもよくないということですね。

ご自身にとって適切な量をきちんと見極めて、お酒を楽しむようにしましょう。

 

また、アルコール分解で不足した栄養分は、他の食事できちんと補うことがポイントです。

普段から栄養バランスの整った食生活を行うことも、薄毛対策の重要なポイントとなります。